みんなが楽しい忘年会をさらに盛り上げる景品たち

重大な任務

より盛り上がる忘年会は景品がポイントになります。これから幹事を努める事になったならまずはこちらを参考にしましょう。

年間で約5,000件のイベント開催!講師の紹介や派遣をしてくれるのがこちら。高校生向けから企業向けまで幅広く対応してくれます。

12月に入ると、そろそろ今年も終わりか…としみじみ思います。会社に務めていると、1年の終わりには「忘年会」という名の飲み会が入ります。
忘年会では、今年もお疲れ様でした!という意味が込められています。もちろん、会社だけで行なわれるものではなく、サークルや同級生、女子会などでも忘年会が行なわれます。この時期になると、忘年会という名目で飲み会が行なわれるのです。

少人数で一般的な飲み会と変わらないような忘年会の場合には、ただただお酒を飲んで楽しく会話をして終わりますが、大きなグループで忘年会をする場合には、楽しくお酒を飲むだけではなくゲームが開催されます。ゲームでは、ビンゴを中心としたものが行なわれ、見事当選した人には景品が当たるようになっています。
特に飲み会自体は楽しみにしていないが、ゲームの景品が楽しみという人も意外と多いです。

今までは毎回参加者としてゲームの景品を楽しみにしていたものの、もし、「忘年会の景品選びは君に任せた」と言われてしまった場合どうしますか?かなりのプレッシャーがかかってしまいますが、辞退するにもできないので、時間をかけて参加者の誰がもらっても嬉しい景品選びをする必要があります。

ただ、初めて景品を選ぶというような大役を任されてしまったら…。
それでも安心してください。このサイトで景品選びのポイントについてお教えします。1度経験してしまえば、2回、3回景品選びを任されたとしても安心して任務を果たすことが出来ます。

今年の忘年会に向けて、これから少しずつ景品を選んでいきませんか。

誰にでも喜ばれる

会社によって男女比や年齢層が違うと思いますので、景品選びは迷ってしまうものです。ここでは、男女比が半々、年齢層はバラバラな会社の忘年会でぴったりの景品を紹介します。

男女で違う

会社の忘年会で景品を選ぶとき、社員の男女比によって選ぶものは変わってきます。ここでは、女性が多い場合、男性が多い場合それぞれで喜ばれる忘年会の景品について紹介します。

どう選ぶか

忘年会の景品を選ぶという場合、自分で1つ1つ選んで購入するか、景品セットを利用するかといった方法があります。どちらが良いのか?特徴を知った上で選ぶようにしましょう。